夫婦・育児

35歳パパが振り返る子育て話(1~3歳児編)

 

フクシ
フクシ
どうもフクシです!(@fuku_fuku777_

前回は、0歳児の子育てについて話をさせてもらいました。

35歳パパが振り返る子育て話(0歳児編) 今日は、ボクが第1子として授かったばかりの「0歳の娘」にどのように接していたかというお話をしたいと思います。 産ま...

今回は、1~3歳児編になります。

全てが初めてで何をするにも手が震えてしまう0歳という時期を乗り越えた頃には、子供も親と同じように成長しています。

1~3歳という時期は、歩いたり、言葉を話したり、普通にコミュニケーションが取れ始めたりと出来ることがグッと増えます。コミュニケーションに関しては大人と対等なくらいに感じられます。

ウチの娘は先日、3歳になったばかりなのですが、嫁さん顔負けでボクにお説教をしてきたりします。言ってることもちゃんと正論だったりするからボクが負けてしまうほどです(笑)

0歳児の子育てを頑張った皆さんお疲れさまでした。

これから、いよいよ本格的に子育てが楽しく感じられるようになりますからね。

パパはどのくらい子供と遊んであげていますか?

仕事で忙しくしていると、ついつい子供と遊ぶのを避けがちになっていませんか?

シッカリ遊んであげているよというパパさんは素晴らしいですね。

これからも続けて下さい。

ボクはと言うと現在進行形で、あまり遊んであげられていなかったりします。

ボクの仕事が深夜から早朝という特殊な時間帯であることが大きな理由です。

仕事を終えて帰宅して、さぁ寝ようかなというタイミングで子供が起きる時間、みたいな生活なので、基本的にすれ違い気味だったりします。

本当は子供と朝からコミュニケーションを取りたいのですが、仕事でクタクタになっているので、おはようと声を掛けるくらいが精一杯です。

その後、午後3時くらいにボクが起床して夜の出勤時間まで出来るだけ子供と遊ぶというスタイルを取っています。

朝~晩という普通の時間帯で働いているパパさんもボクと同じようなジレンマがあったりしませんか?

結局、早朝勤務だろうが深夜勤務だろうが仕事で疲れているという部分は一緒なので、なかなか全力で子供に接することが難しい人は多いんじゃないかと。

仕事がある以上は、どうしても限界というものがありますので、ボクのように少しでも時間を作って子供と遊んだり、休日に普段不足しているコミュニケーションをたくさん取る等、自分の出来る範囲で無理せずやったら良いと思います。体は1つしか無いんですから。

後ろめたさを感じたりせずに無理なものは無理と気持ちを割り切りましょう。

必ずしも遠出する必要は無いと思いますよ

たまの休日に家族での外出。全国のパパさんはどう過ごしていますか?

せっかくだから家族を遠くへ連れて行ってあげなくてはと鼻息を荒くしていませんか?

ボクは、あまりそういう思考は持ってないですね。

たまの休日だからこそ、近所で家族とゆっくり過ごしてはいかがでしょうか?

平日の仕事で疲れた体に鞭打ってディズニーランドへ長距離運転ではなく、家から車で15分くらいのイトーヨーカドーやイオンスーパーじゃダメでしょうか?

家族で過ごせば、イトーヨーカドーの中にあるファミリーレストランでも十分楽しいですよ。何より、パパの移動による負担もありません。

他には近所の公園とかでも良いと思います。ウチの娘は1時間30分かけて神奈川県の八景島シーパラダイスへ連れて行くよりも、家から10分の大きな公園のアスレチックの方が喜びます。

これは、家族によって色々な考えがあると思いますので、どれが正解とか不正解とかって話ではありません。

平日に全力で仕事してるのに、やっとの休日でさえも自分の身をすり減らしているというパパさんがいたら、近所でも家族サービスは成り立つということを伝えたいですね。

子供の「しつけ」って難しいです

2歳や3歳になると、子供も会話スキルを身に付けています。

女の子は特に会話スキルの成長が早いと聞きますが、皆さんのところはどうでしょう?

ボクの娘は、冒頭でも言いましたが、すでに父親を立派に説教出来るレベルになっています(笑)

子供は会話スキルが上達すると、親に何か言われた時に反撃するようになります。

ボクなんか、いつも3歳児の娘に圧倒されてたりするワケなんですが、やはり悪いことをした時にはシッカリと叱らなくてはなりません。

ひとえに叱ると言っても色々あると思うんですけど、やはり暴力はダメです。

ボクの子供の時は、悪いことをすると、おたま、しゃもじ、麦茶のポット、濡れたバスタオルなんかで母親に叩かれていたもんですが、暴力って結局のところ恐怖しか残さないんですよね。

3歳児でもちゃんと真剣に説明をすれば理解出来ます。

あとは、両親の叱るバランスも大事なポイント。

間違っても両親2人が揃って子供を叱ったりしてはダメですよ。

必ず、どちらかは味方になってあげましょう。

大人でも子供でも逃げ道を作ってあげないと精神が病んでしまうもんです。

ちなみに現在の我が家では、嫁コワイ、ボクちょろいという感じで子供には格付けされているように感じます(笑)

しつけ論に関しても、皆さん自分の考えがあると思いますので参考になんてことは言えませんが、ボクの娘に関しては現在のところ真っすぐに育ってくれているようです。

3歳という節目を迎えた現在の心境

3歳になるというのは、子供が人生で最初の節目を迎えたという気持ちになるのはボクだけでしょうか?

初の七五三という行事も控えており、よくぞここまで無事に成長してくれたなと感慨深いものがあります。

育児というミッションは妊娠~出産~子育てという具合に1度スタートしてしまったら、少なくとも18~20年くらいはノンストップです。

なにか困難が起きたからと言って一時停止は出来ません。

だから、夫婦という人生のパートナー同士が互いに協力することが大切です。

大変なことも多いですが、子供という存在は良いものですよ。

少なくともボクの人生には大きな潤いをもたらしてくれました。

ここだけの話なのですが、結婚当初、子供は欲しくないと思っていたんです。

想像の世界だと、子供なんて存在は「お金が掛かる」「お世話が大変」「自分の時間が無くなる」って感じになりませんか?

変な話かもしれませんが、このイメージって正しいです。

実際、お金も掛かります、時間も減ります、お世話もラクじゃないです。

でもね。いざ子供が産まれてみたら、思考が変わるんですよ。

お金が掛かっても何とかしよう、お世話が大変でもいいや、自分の時間は少しでもいいや、って感じになるくらい愛しい存在なんです。子供ってすごい。

ボクの育児ロードは、まだまだ序盤ですが、この先も愛しい我が子と共に面白く楽しい人生を歩んで行きたいと思っています。

子供と同じように親だって未熟です。多分、完璧になんて一生なれないんですよ。

だから、子供と一緒に日々、成長していきましょう。エンジョイ子育て!!

それではまた!

スポンサードリンク

コチラの記事もオススメ