エンタメ

実際に2年通ったボクが音楽専門学校をあまりオススメしない理由

 

フクシ
フクシ
どうもフクシです!(@fuku_fuku777_

今回は、ボクが音楽専門学校に通うのはオススメしない理由を話したいと思います。

今から15年前(2004年)になりますが、当時21歳だったボクは東京都内にある某音楽専門学校に通っていました。

ちなみに音楽大学のような壮大な感じではなく、バンドマンやパソコンで音楽を作りたいというような若者が多く集まる学校でした。

あえて学校名は伏せますふせますが、日本レコード大賞を取ったアーティストなんかも排出している業界では多少、知られている音楽専門学校です。

なぜボクが音楽専門学校をオススメしないのか

まず最初に伝えたいのは、あくまでこの話はボク個人の感想だという事です。

感じ方や思うことは人それぞれですので、元・音楽専門学校生の参考意見の1つだと思って読んでもらえればと思います。

ボクはヴォーカル(歌手)専攻学科でした

ヴォーカル以外にも、ギターやドラム、DTM(パソコン等での音楽制作)、PA(音響)等の学科があります。

音楽専門学校をオススメ出来なくなったのは、ボクが選んだ学科がヴォーカルだったことが大きいかもしれません。

いきなり結論ですが、オススメしない理由は、歌の技術は楽器や音響技術に比べると非常に上達が分かりづらいからです。

上達を実感出来ないとモチベーションが下がる

ボクの学校だけかもしれませんが、入学時にクラス分けの歌唱実技テストがありました。

たしか6クラスだったと思いますが、その時の歌のレベルを審査員が評価して振り分けられました。

今となっては自慢話にすらなりませんが、ボクは1番上のクラスに入ることが出来ました。

でも、入学時からこの1番上のクラスに入ってしまったことが良くなかったんです。

自分の現在の位置より上が無い状況というのは人間を堕落だらくさせます。

当時20才そこそこでEXILEエグザイルとか目指しちゃってるカン違いな若僧が堕落する条件としては十分すぎました。

学校の授業の内容をカンタンに紹介します

あくまでボクが通っていた当時の授業内容ですが紹介します。

  • STEP01
    月曜日

    ・発声練習

    ・自分で決めた課題曲を歌って講師からアドバイスをもらう

  • STEP02
    火曜日

    ・発声練習

    ・自分で決めた課題曲を歌って講師からアドバイスをもらう

    ・音楽理論の授業

  • STEP03
    水曜日

    ・発声練習

    ・自分で決めた課題曲を歌って講師からアドバイスをもらう

    ・作詞の授業

  • STEP04
    木曜日

    ・休み

  • STEP05
    金曜日

    ・発声練習

    ・他の楽器クラスとバンド形式で練習(1つの課題曲をバンドでやるっている授業)

記憶が曖昧あいまいなところもありますが、こんな感じです。

金曜日のバンド形式の授業は、普段会うことが少ないギターやドラム等の楽器クラスの学生とバンド演奏が出来て楽しかったですね。

他の授業に関しては、音楽理論が1番退屈でした。

あと発生練習なんかは、大切なハズなんですが、上で話したように入学時から1番上のクラスになって調子に乗っていたボクは完全にナメてサボっていました(;´Д`)

ちなみに、授業は1日に2コマとかなので全部含めても3時間くらいで自由の身になります。

やがて学校をサボるようになっていきました

音楽専門学校に入学して約半年が過ぎようとしていました。

そもそも、歌の上達を目的にしているヴォーカル学科なのですが、自分的にそこそこ歌えるレベル(自称)にあり、クラスも1番上だったボクは次第にモチベーションを失っていました。

なんとなくプロの歌手になれるんじゃないか、

そのうち適当にオーディションでも受ければEXILEみたいになれるんじゃないか、

いま思えば子供じみた発想ですが、当時の頭の中はこんな感じでした(笑)

学校からオーディションの紹介なんかもあるんですが、選り好みばかりしてました。

WANDSワンズっていうボクが今でも大好きなバンドがあるんですが、そのバンドのキーボードの人が仮歌かりうたの歌い手を探していて、そのオーディションに受かったこともあります。

※仮歌:歌手本人が歌う前のデモ音源用に歌を吹き込む作業のこと

【WANDS 世界が終わるまでは】※この曲はボクのオーディションとは無関係です

でも、合格の連絡をもらったのに結局断ったっていう…。

本当にアホですよねw

何様だったのかとw

フクシ
フクシ
ボクは本気でEXILEになりたかったんです!w

なんとか無事に卒業は出来ました

すっかり学校をサボるようになったボクはアルバイトと遊びに明け暮れました。

で、そうなると当然ですが出席日数が不足します。

一応、学校ですから卒業するにも最低限の出席日数は必要です。

2年目の後半は死にものぐるいで学校に通った記憶があります。

何のために専門学校に入ったのか、もはや意味が分からない状況になってました(笑)

なんとか卒業証書はもらえましたが、思い出も何も無いですね。

音楽専門学校に通うべき人・通うべきではない人

独断と偏見ですが、こんな感じです。

【通うべき人】

・歌以外を学びたい人(楽器等)

・音響等、手に職(スキル)を身に付けたい人

・基礎から歌を学びたい人

・オーディションのチャンスを少しでも増やしたい人

・一緒に音楽を学ぶ仲間やバンドメンバーを探したい人

【通うべきではない人】

・すでに歌に自信がある人(自称でも)

・音楽専門学校に行けばカンタンにプロになれると思ってる人

・音楽理論や基礎なんていらねーっていう人

・ちゃんと授業に出席出来ない人

おわりに

2年制の音楽専門学校でしたが、学費も決して安くありませんでした。

たしかボクの場合は2年間で140万円くらい掛かったと思います。

全部自分の自己責任ではあるんですが、本当にムダなお金になってしまったなと後悔の念が強かったです。

いま音楽専門学校へ通うことを考えている人は、

「何をする為に音楽専門学校に通うのか?」

「自分に明確な目標があるか?」

っていう部分を必ず確認してほしいと思います。

くれぐれもボクのように「大学受験もダメだったしプロのミュージシャンにでもなるか〜」

みたいなアホ丸出しな思考で進学しないように注意して下さいね(;・∀・)

最後にもう一度言いますが、今回の話は音楽専門学校がダメっていう話じゃないです。

通うならシッカリとした目的意識を持って通わないと時間もお金もムダになりますよって話です。

それではまた!

スポンサードリンク

コチラの記事もオススメ