エンタメ

【SNOWFEET】サンダルみたいなスキー?について調査してみた!

 

フクシ
フクシ
どうもフクシです!(@fuku_fuku777_

友人から教えてもらったんですが、ここ最近、チェコで生まれた新しいウィンタースポーツが話題らしいですね!

SNOWFEETスノーフィートって言うらしいんですが、なかなか楽しそうです♪

今回は、このスノーフィートについて調べてみたって話です!

コレが「SNOWFEET(スノーフィート)」だっ!

※引用:SNOWFEET公式サイト

フクシ
フクシ
パッと見ると「サンダルかな?」っていうようなビジュアルです(笑)

SNOWFEETの装着方法

スノボブーツやスノーシューズを履いて、そのままSNOWFEETを取り付ける感じです。

※引用:SNOWFEET公式サイト

※引用:SNOWFEET公式サイト

公式サイトの装着イメージはこんな感じです。

※引用:SNOWFEET公式サイト

「装着が簡単」ってポイント高いですよね!

ボクはスノボやっていますが、道具の装着と脱着はラクになればなるほどイイと思います。

サイズに関しては、幅広くフィットするように開発されているようなので安心ですね♪

※引用:SNOWFEET公式サイト

SNOWFEETの遊び方

普通に滑る

※引用:SNOWFEET公式サイト

フクシ
フクシ
アイススケートのように身軽な感じがグッド♪

飛んだり&止まったり

※引用:SNOWFEET公式サイト

フクシ
フクシ
華麗なトリックとか決めてみたい♪

SNOWFEETは危険じゃない?

スキーやスノボと同じく「エッジ」が付いていますので安全です。

まぁ、滑る人が意識して安全に遊ぶことが前提ですけどね…(^_^;)

※引用:SNOWFEET公式サイト

※引用:SNOWFEET公式サイト

SNOWFEETのココがイイ♪

小さいから持ち運びがラク♪

マジでサンダルを持ち運ぶ感覚でいけそうですねw

荷物が重くなりがちなウィンタースポーツにおいて、これは大きなメリットですね。

ボクはスノボで遠方に行く時は、高い送料を払って現地に送っていたので、経済的にもメリットがありそうです。

片足重量678g✕2足=約1.3kg

※引用:SNOWFEET公式サイト

フクシ
フクシ
北海道にスノボ送った時は数千円かかったぜ…。

リフトの乗り降りが快適すぎ

スキーやスノボのように長さが無いので、リフト乗り場でズッコケるコトも無いでしょう。

ボクが初心者の頃は、いつもリフト乗り場でドキドキしてました(笑)

※引用:SNOWFEET公式サイト

お値段が手頃

お値段は「19,900円」です!

スキーやスノボに比べると格段に安い!

もともとスノボをやってた人ならブーツもウェアも持っているでしょうから、SNOWFEETさえ買えば、あとはスキー場に行くだけ♪

SNOWFEETの注意点

どこのスキー場でも遊べるワケじゃない

スキー場によってはSNOWFEETがNGなところもあるので注意が必要です。

メーカーの方でも随時、SNOWFEETが使えるスキー場を確認しているようなので、SNOWFEETを使う場合は事前にチェックしておきましょう!

SNOWFEET体験動画もあるよ♪

この動画を見たらますます欲しくなりましたw

来シーズンデビューします♪

おわりに(ラクな道具に勝るものはない)

ウィンタースポーツの最大の敵は「荷物の多さ」と「道具脱着のメンドくささ」にあると思ってます。

そんな中で、ショートスキーに続いてさらにコンパクトなこの「SNOWFEET」は革命になるかもしれませんね♪

これならボクもスキー場に足を運ぶ回数が増えそうです!

それではまた!

スポンサードリンク

コチラの記事もオススメ